TOkyo-Wunder

東京、乗換、道案内、書評、株取引、仮想通貨ほかなんでも

最近読んだマンガについて(2018年1月)

約束のネバーランド(1)〜(7)/白井カイウ出水ぽすか

最近評判だったので読んでみたけど、今までファンシーな感じのタイトルと表紙に騙されてた。面白くて7巻まで一気読み。絶望と希望の入り混じった展開から目を離せない。

ヒロアカといい、最近ジャンプ面白いな。

 

金魚妻(1)/黒澤R

金魚妻 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

金魚妻 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

 

Webの広告で見て気になってたマンガ。全部不倫の話なんだけど、作者が女性だからか女キャラにリアリティがあってエロい。

 

王様達のヴァイキング(14)/さだやす

王様達のヴァイキング(14) (ビッグコミックス)

王様達のヴァイキング(14) (ビッグコミックス)

 

面白いけど、話が大きくなりすぎてついていけなくなりつつある。

 

バイオレンスアクション(1)/浅井蓮二・沢田新

バイオレンスアクション(1) (ビッグコミックススペシャル)

バイオレンスアクション(1) (ビッグコミックススペシャル)

 

可愛い女の子が殺し屋という設定は狙った感があるけど、試しに一巻読んだら意外と面白かった。でも続き読みたいとまでは思わないかも。

 

ザ・ファブル(12)/南勝久

ひたすら「ファブルすげーかっけー」というマンガなんだけど、なんとも言えないゆるい感じとかが面白くて読んでしまう。唐揚げ買うくだりとかすごいくだらないけど好き。

2017年によく読まれた記事について

2017年も終わってしまったので、昨年読まれた記事についてまとめたいと思います。

 

ページビュー

2017年の一年間を通しての当ブログのPVは

206,639PV /年

でした。7月ぐらいまで全然記事がなくて、一日1桁だったので後半で伸びました。

 

一日あたりの最大PVは、12月16日(土)の

2,453PV /日

です。道案内系の記事のアクセスが多いので、基本的に休前日が多くて、平日は少なくなっています。

 

PVはだんだん増えて来ているので、12月は

52,013PV /月

でした。5万超えたのは12月が初めてです。

 

2017年に読まれた記事BEST3

 

1位 【乗換案内】JR新橋駅・ゆりかもめの乗り換えについて

hacohugu.hatenablog.com

 

2位 【案内図】JR池袋駅の構内案内図

hacohugu.hatenablog.com

 

3位 【行き方案内】JR新宿駅東口から近いゆうちょ銀行ATMについて

hacohugu.hatenablog.com

 

全部、道案内系の記事です。というか10位まで全てそうです。

1位のJR新橋駅とゆりかもめの乗り換えはずっと一番PVが多く、全体の17%近くを占めています。

 

もともとこのブログを始めたのは、自分がかなりの方向音痴で東京に来たばかりの頃はかなり迷った経験があったからです。地図アプリとか構内図とか分かりずらいので、地元の人が手書きで書いたような案内図があればいいのにと思って書き始めました。

 

乗り換えとかATMの場所とか、簡単そうに思えて意外と情報が少なかったりするので、単純な記事でも結構アクセスがあったみたいです。

 

収益化とかしてないので、完全な自己満足でやっているだけなのですが、自分の書いたブログが何万人もの人の役に立っているなら続けてよかったと思えます。

 

今年は月10万PVを目指して頑張りたいと思います。

スカイライナーのチケットは格安航空会社の機内購入が安い

この記事では、格安航空(LCC)を利用して東京(成田空港)に行った人が、安くでスカイライナーのチケットを買う方法について書いています。

 

格安航空会社(LCC)ができて飛行機が安く乗れるようになったのはいいのですが、東京にピーチやジェットスターなどのLCCで行く場合、到着は成田空港です。

羽田空港と比べると成田空港から都心まではものすごく遠い。

 

都心に早く行こうと思ったら一番早いのはスカイライナーです。

www.narita-airport.jp

成田空港近くの空港第2ビル駅と日暮里駅を36分で結びます。

 

ただ、スカイライナーは片道2,470円と結構高い。せっかく値段を抑えてLCCを利用しても電車代が高くつくのではあまり意味がありません。

 

スカイライナーの切符を安く買う方法

スカイライナーの切符を安く買う方法として、スカイライナーバリューチケットというものがあります。

www.keisei.co.jp

これはピーチやジェットスターといったLCCに乗って成田空港に行く人のために、機内で販売しているお得なきっぷです。これを使えば、片道2,200円と270円引きで購入することができます。駅では販売していないので、機内で忘れずに購入しましょう。

 

ただし、ここでは切符の購入しかできないので、別途カウンターで座席の予約が必要です。成田空港に着いたら駅に行って、カウンターで座席を予約して初めて乗ることができます。

 

予約まで機内でできるようになるとすごく便利なのですが、到着時間がずれた時のために仕方ないのでしょう。いずれできるようになって欲しいところです。

五反田駅でのJR山手線と東急池上線の乗り換えについて

五反田には、JRと東急、都営地下鉄の駅がそれぞれ存在しています。駅と路線は以下の通りです。

ここでは、JR五反田駅の山手線と東急五反田駅東急池上線の乗り換えについて説明します。

乗り換えについて

東急池上線五反田駅は、駅ビルのレミィ五反田4階にあります。

 

JR五反田駅からは、ホームにレミィ五反田4階に繋がるエスカレーターがあるため、それを利用するのが便利です。

エスカレーターはJR五反田駅ホームの品川寄りの端にあります。JRの改札はエスカレーターを上ったところにあります。

www.jreast.co.jp

 

東急池上線五反田駅からは、改札を出たところがレミィ五反田の4階になります。東急の改札を出たすぐ隣にJRの改札があるため、そこを通ってエスカレーターを下りるとJR五反田駅のホームです。

www.tokyu.co.jp

Stellarのウォレット「Stargazer」のリカバリーに手間取った話

ステラー(Stellar, STR)という仮想通貨を知っていますか?

今はバージョンアップしてStellar Lumen(XLM)という名前になっているみたいです。

 

www.stellar.org

 

私も前にステラーを持っていたのですが、保管のためにデスクトップウォレットを利用していたところ、PCが破損。色々と面倒な目に遭いました。

 

自戒と困っている人の役に立てばということでまとめようと思います。

 

1 あらまし

まずは、何が起きたのかですが、簡単に言うとデスクトップウォレットを入れていたPCが壊れました。

電源ボタンを押しても全く立ち上がらない状態。

 

ステラーは引き出した後だったのですが、とある事情で送信履歴が必要となったので、ウォレットを開けずものすごく困りました。

 

ちなみに使っていたウォレットは「Stargazer」というものです。 

stellarorg.zendesk.com

 

もちろん、デスクトップウォレットに保存するならバックアップは必須ということで、ウォレットの「Export Account」からQRコードを表示してキャプチャ。SDカードに入れて保存。

なので最初は、正直、安心していました。

 

 

PCが壊れた後に、別のPCにStargazerを入れて、アカウントのインポートをしようとしたのですが、画面には「Account Name」「Account Seed」の文字。

「Account Name」は以前と同じものでいいとして、「Account Seed」とは何かと。

 

QRコードを読み取るのかと思ってiPhoneMacのインカムで読み取るも謎の文字列が出て、入力してもログインできず。途中で切り取ったり色々やったけどダメでした。

 

こんな感じでバックアップ取ってたはずがリカバリーできないという困った事態に陥りました。

 

 

2 リカバリーできた

上のような状態になったのですが、最終的にはウォレットを開くことができました。その解決方法は

 

QRコードAndroidアプリのStargazerで読み取る』

 

というものです。そんなことかと思うかもしれませんが、Android持ってないと意外と面倒で試すまで時間が掛かってしまいました。

実家の親のスマホでやってもらったのですが、「Account Import」で読み込んだら開けたみたいです。

 

Androidアプリ用と書いておいてくれ...

 

3 教訓

今回の件で感じたのはデスクトップウォレットは一回リカバリまで試してから利用したほうがいいということです。

自分は面倒くさがってやらなかったせいで、余計に時間をかけてしまいました。やっぱり備えは大事ですね。

渋谷 「nem bar」 で仮想通貨について語り合ってきた

最近、仮想通貨の値上がりも凄いですが、それ以上にビットコインがテレビでも普通に語られるようになってきていることにいつも驚いてしまいます。

 

数年前に仮想通貨を買った時は完全に一部のマニアックな人たちのもので、特にNEMはTwitterで不思議な人気があってカルトっぽかったのを覚えています。自分でもなんで買ったのか分かりません。

 

そしてついに世界初のNEM好きのためのバー「nem bar」が渋谷にオープンしたと聞いて早速行ってきました。実はオープン前から暗号太郎さん(@angoutaro)のTwitterをみて楽しみにしていました。

 

f:id:hacohugu:20171225005749j:plain

場所は渋谷駅から10分程度、Bunakamuraの先にあります。ラブホ街に近いので知り合いに会うのが怖いです。道に看板が出ていました。

 

店内はすごくおしゃれな空間なのですが、オープンから間もないこともあり結構人が多かったです。途中で満席になっていました。

 

f:id:hacohugu:20171225010213j:plain

 

リップル・ブルー。なぜかnem barなのにリップル飲んでた。

 

一人で行ったのですが、お客さんもおそらくみんな仮想通貨好きの人なので共通の話題があって話しかけやすかったです。近くの席の人とずっと仮想通貨について話していました。

 

今まで実生活の中で仮想通貨の話とかほとんどしたことなかったし、してもビットコインぐらいだったのが、こんな形で初めて会った人と話せる日が来るなんて思ってなかったです。

 

完全に非日常的で楽しかった。また行きたいです。

 

f:id:hacohugu:20171225011058j:plain

 

保存保存

THE COFFEE SHOPのコーヒー定期便が便利

私は元々コーヒー好きで、いつもスペシャルティコーヒーの豆を通販で買って、家で挽いて淹れてたのですが、THE COFFEE SHOP(ザ・コーヒーショッップ)というお店でBeans Delivery Service(コーヒー定期便)というのをやっているのを知って利用してみました。

これかなり便利です。

Beans Delivery Service(コーヒー定期便)とは

www.thecoffeeshop.jp

Beans Delivery Service(コーヒー定期便)というのは、毎月2回定期的に自宅にコーヒーを送り届けてくれるというもの。

薄い段ボール箱に入ってポストに投函されます。

毎回違う豆が送られてくるシングルオリジンコースと同じブレンドが送られてくるミックスオリジンコースがあります。私は初めてだったのでミックスオリジンコースしてみました。

良かったこと

1 豆が新鮮で美味しい

Beans Delivery Serviceで送られてくる豆は焙煎したての新鮮なスペシャルティコーヒーです。私はブレンドにしましたが美味しいです。

これまでのお店では送料のことを考えて多めに注文していたので、結構古くなってしまうこともありました。冷凍庫で保存していてもやはり鮮度は落ちます。

Beans Delivery Serviceでは送料無料なため、2週間で使い切るだけ買えるので古くなる前に飲み切れるのがありがたいです。

2 豆を挽く手間が省ける

コーヒーを美味しく飲むには挽きたてで淹れるのが一番ですが、手動だと結構手間がかかります。

Beans Delivery Serviceなら挽いた状態で送ってもらうこともできるので、忙しい時は助かります。ほんとは豆で買いたいんですけどね

3 豆を買う手間が省ける

実はこれが一番大きいです。これまでは少し離れた店舗に買いに行ったり、通販で注文したりしてたのですが、はっきり言って結構面倒でした。

特にいつの間にか切らしてしまったときのショックは大きい。定期便なら勝手に送られてくるので、悩む必要が無くなって楽になりました。

残念なこと

1 少し価格が高い

スペシャルティコーヒーの値段としては妥当だとは思いますが、これまで買っていたお店と比べると少し値段が高いです。手間賃と考えれば悪くはないのですが。

2 豆を選ぶ楽しみが無い

言っていることが矛盾しているようですが、いろんな豆を試して選んで見るのは面倒ですが、結構楽しかったりもします。勝手に送ってもらえるのは便利なのですが、選ぶ楽しみが無くなってしまうのは少し残念なところもあります。

3 淹れ方を変えられない

Beans Delivery Serviceでは豆のままだったり挽き方を指定することはできますが、挽いた状態で届いてしまえばもう淹れ方も決まってしまいます。

これまではプレスで淹れたり、ドリップで淹れたり、豆によって人数によって変えていたので、それが出来なくなったのは少し残念です。

最後に

はっきり言って、上の「残念なこと」というのはただのわがままです。実際、忙しくてゆっくりできない時期はBeans Delivery Serviceが無いとコーヒーを淹れてなかったと思います。コーヒー好きの人にとってはかなり便利なサービスだと思うので、ぜひ利用してみてください。

Beans Delivery Service | コーヒー定期便 | THE COFFEESHOP(ザ・コーヒーショップ)