TOkyo-Wunder

東京、乗換、道案内、書評、株取引、仮想通貨ほかなんでも

THE COFFEE SHOPのコーヒー定期便が便利

私は元々コーヒー好きで、いつもスペシャルティコーヒーの豆を通販で買って、家で挽いて淹れてたのですが、THE COFFEE SHOP(ザ・コーヒーショッップ)というお店でBeans Delivery Service(コーヒー定期便)というのをやっているのを知って利用してみました。

これかなり便利です。

Beans Delivery Service(コーヒー定期便)とは

www.thecoffeeshop.jp

Beans Delivery Service(コーヒー定期便)というのは、毎月2回定期的に自宅にコーヒーを送り届けてくれるというもの。

薄い段ボール箱に入ってポストに投函されます。

毎回違う豆が送られてくるシングルオリジンコースと同じブレンドが送られてくるミックスオリジンコースがあります。私は初めてだったのでミックスオリジンコースしてみました。

良かったこと

1 豆が新鮮で美味しい

Beans Delivery Serviceで送られてくる豆は焙煎したての新鮮なスペシャルティコーヒーです。私はブレンドにしましたが美味しいです。

これまでのお店では送料のことを考えて多めに注文していたので、結構古くなってしまうこともありました。冷凍庫で保存していてもやはり鮮度は落ちます。

Beans Delivery Serviceでは送料無料なため、2週間で使い切るだけ買えるので古くなる前に飲み切れるのがありがたいです。

2 豆を挽く手間が省ける

コーヒーを美味しく飲むには挽きたてで淹れるのが一番ですが、手動だと結構手間がかかります。

Beans Delivery Serviceなら挽いた状態で送ってもらうこともできるので、忙しい時は助かります。ほんとは豆で買いたいんですけどね

3 豆を買う手間が省ける

実はこれが一番大きいです。これまでは少し離れた店舗に買いに行ったり、通販で注文したりしてたのですが、はっきり言って結構面倒でした。

特にいつの間にか切らしてしまったときのショックは大きい。定期便なら勝手に送られてくるので、悩む必要が無くなって楽になりました。

残念なこと

1 少し価格が高い

スペシャルティコーヒーの値段としては妥当だとは思いますが、これまで買っていたお店と比べると少し値段が高いです。手間賃と考えれば悪くはないのですが。

2 豆を選ぶ楽しみが無い

言っていることが矛盾しているようですが、いろんな豆を試して選んで見るのは面倒ですが、結構楽しかったりもします。勝手に送ってもらえるのは便利なのですが、選ぶ楽しみが無くなってしまうのは少し残念なところもあります。

3 淹れ方を変えられない

Beans Delivery Serviceでは豆のままだったり挽き方を指定することはできますが、挽いた状態で届いてしまえばもう淹れ方も決まってしまいます。

これまではプレスで淹れたり、ドリップで淹れたり、豆によって人数によって変えていたので、それが出来なくなったのは少し残念です。

最後に

はっきり言って、上の「残念なこと」というのはただのわがままです。実際、忙しくてゆっくりできない時期はBeans Delivery Serviceが無いとコーヒーを淹れてなかったと思います。コーヒー好きの人にとってはかなり便利なサービスだと思うので、ぜひ利用してみてください。

Beans Delivery Service | コーヒー定期便 | THE COFFEESHOP(ザ・コーヒーショップ)