TOkyo-Wunder

東京、乗換、道案内、書評、株取引、仮想通貨ほかなんでも

【感想】恋のツキ①~③/新田章

恋のツキ①~③/新田章

恋のツキ(1) (モーニングコミックス)

恋のツキ(1) (モーニングコミックス)

 

あらすじ

 平ワコ31歳は同棲中の彼氏との結婚を考えてはいるが、同棲も3年目となり、倦怠感を感じている。そんな時、バイト先の映画館で好みの男子高校生と出会う。

感想

 前作の「あそびあい」が誰とでも罪悪感なく寝てしまう女の子の話で、かわいらしい絵柄なのに衝撃的だった新田章さんの作品。この作品も一筋縄では行かない展開です。

 主人公の女性がやっていることは浮気で、彼氏は被害者なのですが、彼氏のワコを下に見ている感じとか、あまり気を使えていない感じとかは見ていていらいらするし、それでいてワコのことが好きなんだというのも感じさせられる。

 Amazonのレビューでは高評価と低評価がくっきり分かれていて、低評価のレビューでは気持ちが悪いとかかなり辛辣なこと書かれていた。たぶん彼氏に対する怒りとか主人公に対する気持ち悪さとか、あえてそう思わせるように描いているんだろうと思うと意地が悪い。

 何がいけないとかどっちが悪いとか簡単に割り切れない、めんどうくさい大人の恋愛の話。結構トラウマです。